必殺TOEIC!

H29.7 5年ぶりにTOEICを受けました。400点(2013年)➡︎530点(2017年)➡︎850点へ!!!

私の仮想通貨はどうなってしまうのか②

f:id:tecstar21:20180131234620j:plain

 

先週末、金曜日、仮想通貨で痛い思いをした後ITに興味が湧きいろいろ調べておりました。(英語勉強してません。)特に、仮想通貨についてはほとんど何も勉強せず始めてしまったことを非常に後悔です笑

前回の記事以降私の仮想通貨がどうなってしまったか記します。(TOEIC無関係です。笑)

 

前回のブログ

tecstar21.hatenablog.com

 

結論から言うと。

私のcoincheckの講座は凍結状態のままです。要するに以前と変わらず、取引、送金ができない状態が続いております。某仮想通貨(ボーナス分)のレートが上下していますが、何もできず見守るのみでございます。

実はこれ、結構しんどく、、、1日ごとに数万円単位で総資産額が変動するわけです。「昨日ー5万だったのに今日+5万円」みたいに。私の10倍100倍の金額のコインを所有している方も多くいると思います。1日±50万、±500万単位で総資産が変動するのを見守るだけなんて、考えただけでもぞっとします。

 

f:id:tecstar21:20180131234703j:plain

 

様々な情報が飛び交う

coincheckには、月曜日に金融庁から業務改善命令が出されており、2月13日までにその報告を行う必要があるそうです。coincheck側は失われネムをJPYで自己財源から返金をすると明言していますが、ネット上や今日現在までのニュースではネガティブな意見が多いように見受けられます。「破産してしまうのではいか」「それほどの自己資金があるのはおかしい」というような意見も多く見られますが、coincheckのみぞ知る、、、といったところでしょう。全ての情報は現時点で推測レベルであると信じ、円滑に出勤、取引が再開されることを期待しております。

 これから

私自身、これから仮想通貨についてはさらに学んでいこうと思っています。しかし、今回のようにコインを取引所に置いたままにするのは危険なのでは?と改めて思いました。何度も書きましたが、正直仮想通貨が何なのか、未だにわかっていません。しかし、調べるうちに仮想通貨の保管場所として「取引所」は最もリスクが高いようです。頻繁に売買を繰り返すようであれば、もちろん取引所に保管をしておくことが良い選択肢ではありますが、今回のように取引所が停止してしまうと身動きが取れなくなってしまいます。そのため、ウォレットを作成して保管することが望ましいようです、、、

 

といろいろ書きましたが、正直、このあたりのことは

 

始める前に勉強しとくべき!!

 

なんですね〜。coincheck再開された際、自分の通貨を守るためどうすれば良いか、情報収集に今後も励みます。

 

 ランキングに参加しています。応援クリックお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村